慢性疲労 症候群 症状 原因

慢性疲労症候群とは
トップページ
慢性疲労症候群のタイプ
症状
原因
解消法
コラム

ホーム > 慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群とは

慢性疲労症候群とは、日常生活に支障をきたすほどの強い疲労感などが、
半年以上続いている状態のことをいいます。

慢性疲労症候群では、全身の倦怠感、疲労感、微熱、頭痛、関節痛、睡眠障害などの
体の症状や、記憶力や集中力の低下、気分の落ち込みなどの精神症状もあらわれます。

検査をしてもはっきりと異常が見つかれないことが多く、
微熱や頭痛の症状から「風邪」と診断されることもありますし、
風邪と共通の症状が消えた後は「自律神経失調症」と診断されることもあります。

このページのトップへ

慢性疲労症候群とは トップへ

慢性疲労症候群-完璧ガイド ホームへ