慢性疲労 症候群 症状

慢性疲労症候群の症状
トップページ
慢性疲労症候群のタイプ
症状
原因
解消法
コラム

ホーム > 慢性疲労症候群の症状

慢性疲労症候群の症状

慢性疲労と慢性疲労症候群は、似ていますが症状は違います。

「慢性疲労」は、疲れを慢性的に感じていても、
日常生活に支障をきたすほどの状態ではありません。

しかし「慢性疲労症候群」となると、強い疲れがあらわれるような疾患がないのに、
日常生活を送るのに支障をきたすほどのひどい疲れが、6ヶ月以上も続いてしまいます。
ここ数日疲れがひどい、というものではなく、6ヶ月以上も慢性的にひどい疲れを
感じる毎日が続いている状態のことをいいます。

体の症状

慢性疲労症候群では、ほかの疾患がないのにもかかわらず、
会社や学校に行けない、家事ができない、日常生活ができない、といった
普段の疲れとはまったく違うレベルの強い疲れを感じる状態が続きます。
ひどい場合には、起き上がることさえ困難で、寝たきりの状態が続くこともあります。

このような、日常生活に支障をきたすほどの非常に強い疲れだけでなく、
次のような症状を感じることがあります。
疲れ以外の代表的な症状を紹介します。

全身の倦怠感、疲労感、微熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、のどの痛み、のどが赤い、
首やわきの下のリンパ節の圧痛(押すと痛い)、睡眠障害(不眠)、低血圧、
胃腸の調子をくずしやすい、光や音に過敏になる、暑さ寒さがつらい、など

精神的な症状

体の症状だけでなく、精神的な症状が現れることもあります。
精神的な症状の代表的なものには、次のようなものがあります。

気分が落ち込む、やる気が出ない、思考力が低下する、集中力が低下する、
記憶力が低下する、うつ状態が続く、など

慢性的に疲れを感じる人は、現代のストレス社会では珍しくありません。
ほとんどの人がいつも疲れを感じているのではないでしょうか?

しかし、慢性疲労症候群の発症率は、1,000人に対してわずか2〜3人程度。
「毎日疲れがとれなくて・・・」「今日も体が重たい・・・」と感じていても、
ほとんどの人は、慢性疲労症候群ではないようです。

日常生活を送れないほどの状態なのか、仕事や家事ができないほどの状態なのか、
会社や学校に行けないほどのつよい疲れなのか、といったところが
ひとつの目安になるとは思いますが、それに近い状態の場合は自分で判断せず、
医師の診断をあおいだほうがよいでしょう。

慢性疲労の原因と対処法 >>

このページのトップへ

慢性疲労症候群の症状 トップへ

慢性疲労症候群-完璧ガイド ホームへ